ブログトップ

World of NEO

neo4556.exblog.jp

自分の世界観を見せよう。単純なことでも複雑なことでも。簡単に言えば、徒然ですね。

【2016.72】あれから5年の続き

昨日は、5年前の3.11を自分の思い出と共に振り返りましたが、今回は社会全体。

大地震から大津波、そして原発事故と、
3段階の大きな現象が5年経った今でも多くの方々の生活を苦しめています。

宮城、仙台、福島では津波被害。
福島では、原発事故。

多くの方々が、避難所や仮設住宅での生活を強いられています。

テレビでは、福島県内の子供達を対象にした、
甲状腺に関する病気について特集していました。

原発事故による放射線による健康被害と訴える人々。それに対して、放射線が直接的な原因ではない、と評する行政や研究機関。

はっきりとしないままの議論は続いていますが、
この先更に5年経った時、対象となっている福島の子供達がどうなっているか。

潜伏機関もあるという事で、今は何ともなくとも、時が経って発症するというものでもあるようなので、行政や研究機関が言っている内容はちょっと危険なんじゃないかと感じました。

「今は何ともないから、放射線が直接的な原因ではない」

悪く考えれば、圧力もあるのかな。

今、逆の事を言ってしまえは、
きっと誰も福島に住まなくなるでしょうし、
国や東電、第三者機関の責任問題になる。

それこそ暴動が起きるんじゃないかと。
福島、茨城、宮城には人が居なくなるしょうね。

まだまだ片付かない震災の傷痕。
孫の代まで続くでしょうね。

今の政治や行政のやり方では、
いずれ多くの東北国民がそれこそ夢にも見なかった事実に遭遇するんじゃないかと心配です。
by neo-kt | 2016-03-12 23:44 | 社会